So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の終わりに [ママのひとり言]

2016年、大晦日になりました。
今年を少しだけ振り返りたいと思います。
我が家にとってはいろんな意味で思い出深い年になりました。

一昨年の10月に愛犬のショーンを病気で亡くした我が家は、
久しぶりの寂しい新年を過ごしました。
ショーンと一緒に行っていた初詣も人間だけで、
味気ない(パパごめん、でもパパも同じだよね)初詣でした。

Sean.jpg

3月には結婚30周年を迎え、結婚記念日に行ったゴルフで、
私は、ホールインワンを達成しました。
ショーンがいる時はゴルフに行かなかった私が久しぶりに行った
ゴルフでホールインワンをしちゃって、毎週行っているパパは、未達成。
私、持ってるかしら?今年風にいうと神ってる?パパごめんね〜

P1040295.jpg

結婚記念日にゴルフに行く途中、大きな虹が私たちを
迎えてくれました。二人ともショーンだと実感しました。
そして、その旅行中、リュックを背負ったショーンが
夢に出て来て、「ショーン、来たの?」と私。
「ママ、僕も一緒に来たよ」とショーン。
やっぱりショーンはいつも私たちのそばにいるのだと
心が温かくなりました。
多分ホールインワンもショーンがお祝いにくれた贈り物。

P1040278.jpg

4月からは私の仕事量が急増し、忙しさがショーンのいない
寂しさを紛らわせてくれました。
春先に、ラルフママとジョンママとランチした時も
別れが悲しすぎてもう犬は飼えないと断言していました。

4月の中旬、「ジャックラッセルをレスキューしました」という
記事が目にとまりました。JRTのコミュニティーのFBで
本当に偶然でしたが、レスキューって何?と思って
読み進むと一般家庭で、ネグレクトにあっているという
ジャックラッセルの男の子がご近所の方の依頼で
動物愛護団体のシェルターに保護されたという記事でした。
その記事とマールというジャックラッセルの男の子の姿が
頭の片隅から離れなくなりました。

7歳で間質性肺炎を発症して、10歳になる少し前に
亡くなったショーンの命を繋いでくれるような気がしました。
推定8歳のマールがショーンが生きられなかった犬生を
繋いでくれるように思って、引き取ることにしました。
5月8日の母の日にお見合いに行って、1週間後の14日に
我が家に来てくれました。
その後、健康診断をするためにかかりつけ医に連れて行ったら、
エコーで脾臓に腫瘍らしいものがあることがわかり、
悪性だと2〜3ヶ月の命と言われ、脾臓を摘出する手術をしました。
悪性でないことを祈りました。
私たちだけでなく、マールをレスキューしてくれたご近所の方や
シェルターの方々、みんなが祈ってくれました。
みんなの願いが天に届き、脾臓の腫瘍は良性でした。
今まで苦労して来たマールに神様は幸せになる時間を与えてくれました。
この時は本当に神様がいると思えました。

年賀状マール_edited-1.jpg

マールとは、夏休みに河口湖に行ったり、八ヶ岳に行ったり、
秋には、ジョンと軽井沢に行きました。
ショーン同様、大切な家族として楽しい時間を過ごしています。

マールを助けてくれた動物愛護団体のHPやFBを
頻繁に見るようになり、世の中の可哀想な動物たちのことを
深く知るようになりました。
動物たちを不幸に陥れたり、搾取したりするのも人間だけど、
救うのも人間だと思いました。救う人間になりたいと思いました。

年の瀬も迫った12月、またジャックラッセルの女の子
長年繁殖犬として人間に利用されたのち、放棄するされるという
記事を見ました。ガリガリに痩せて、十分な餌ももらえていない中、
長年子犬を産まされ続けていたようでした。
あまりに不憫で、家族とも相談して、もう一頭引き取ることを
考えはじめました。マールとの相性が一番心配でした。
私たちは、マールが彼女を受け入れてくれるなら、
我が家に迎えようと思い、マールとのお見合いに行きました。

最初に会った時は、女の子は震えていました。
環境の激変に怖かったのだと思います。
マールは、吠えもせず、我関せずという感じでしたが、
受けれているなと感じました。
マールがOKなら、私たちは問題ありません。
そうして、12月18日にジャックラッセルの女の子が
我が家に来てくれました。名前もなかったようですので、
早速、サラ(Sarah)と名付けました。
推定6歳ということでした。お誕生日も分かりませんので、
我が家に来てくれた日を誕生日にしました。

DSC_0950.jpg

最初の1週間は、外の空気に慣れるように抱っこしてお散歩しました。
次の1週間は、少し歩いて、抱っこして少しずつ慣れていきました。

3日前から、マールについて全行程自分で歩きました。
昨日は、ちょっと走ったりもしました。
おうちでは尻尾も上がるようになりました。
慣れたら相当お転婆になると思います。
マールの真似をして、かなり危険なこともチャレンジします。
実は今日、マールの後を追って階段から落ちました。
下でパパにキャッチされて・・・(汗)
大怪我したのではないかと思いましたが、
すぐに歩きましたし、身体中を触りましたが
痛がる様子もありませんでした。ほっとしました。
サラが我が家に慣れてくるということは、危険もいっぱい、
これからはもっと注意しなくては・・・

今年もあっという間に終わりますが、本当に色々生活に変化が
起こりました。何より大切な命を預かることになり、
責任とやりがいを感じます。
今年ほど「命」の尊さを実感した年はなかったかな?と思います。
この子たちを幸せにしたいし、一緒に楽しい時間を過ごしたい。
そうすることが自分の人生を豊かにしてくれると感じます。
人生も生きて来た過去より、残りの方が少なくなりましたので、
一日一日、一年一年がとても貴重に感じます。

来年はどんな年になるでしょうか?
災害などの無い、穏やかな一年になりますように。
健康第一は言うまでもありませんが、2ワンズが健康で、
私たちも元気で過ごせますように。長くなりましたが、
マールとサラをよろしくお願いいたします。

2016・12・31




nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。